TOP

腹が減っては戦はできぬ・・・有名な言葉ですが、まさにその通りだと思います!腹が減っていては、風俗も十分に楽しめませんよ!

高級デリヘルも風俗の一部で軽視をされているかもしれない

一般的に風俗と聞くと少しグレーな雰囲気を感じてしまう方も多いかと思います。業種上、抵抗感を強く感じてしまう方もおり特に女性からすると嫌悪感を感じる方もいますので、万人に受け入れてもらえる業種ではありません。また風俗の印象が悪い点としては性癖をコンセプトにして営業している店舗が増えてきたのも原因の一つであります。単に風俗と聞くと男性が女性の身体を求めて利用するものと思われていますが、それプラスに性癖を解消する為のお店となったら更に嫌悪感を抱くのではないでしょうか。とにかく一般的に受けの悪い風俗はどういう運営をしても良い業種と思われることはないのです。そんな中で高級デリヘル店は一線を画します。高級デリヘル店は風俗店ではありますが、気品や上品さがあるため一般的な風俗店に比べて印象は多少違います。正直な話、風俗はどこまでいっても風俗なのは変わりませんが、文化として受け入れている部分を加味するとそこまで拒絶されているものでもないような気がします。高級デリヘル店も大きく言えば風俗の一部ですが、運営方法によっては一般層からの見方が大きく変わるかもしれません。例えばAV女優で話をすると、AV女優と聞くと少しは抵抗感はありますが、そこまで何か拒絶したくなるような印象は受けないと思います。それはなぜかと言うと気品を感じるからです。AV女優での気品と整ったルックスにグラビアアイドル顔負けのスタイルで女性が羨むようなプロポーションをしているAV女優もいます。そういった点があり、風俗店に対して感じる嫌悪感が薄れるのです。また風俗店と違い、しっかりとした運営のもと撮影をしてAV男優がいて、舞台がしっかり整った状態で行為に至ります。風俗店の場合ですと、利用客なら誰でも良いですし、宿泊施設であればどこでも利用ができるので品を感じることが出来ないのです。汚いラブホテルやビジネスホテルを主に利用スペースとしていると考えたら、風俗業界を下に見てしまうのも必然的なのかもしれません。ですので高級デリヘル店の場合は女性や男性スタッフの対応だけでなく、デリヘルを利用できるホテルも指定し、グレードを下げない取り組みをしたほうが良いのではないかと思います。正直、そういった動きをしてしまうと利用する場所は限られてしまいますし、お店の運営は成り立たなくなってしまいますが印象を大きく変えるのであれば接客対応をはじめ、サービスを提供する場所にも拘りを持って運営したほうが良いかもしれません。江戸時代の花街が栄えていたとき、吉原の遊女は格式が高く、一般市民からは羨望の眼差しで見られていました。そもそも風俗で働く女性を軽視、見下す思想は西洋からの思想になり、当時遊女に対して軽視することはなく、今で言うアイドルや芸能人のような存在であったのです。


どっぷりとハマった

もう27歳になりますが、今年になってようやく一人暮らしを始めました。今まではずっと実家暮らしをしており、さすがにいつまでも実家で甘えているわけにもいかないと思い、一人暮らしを始めたのです。この年になるまで実家にいたので、貯金はそれなりに貯まっています。ただ、最近その貯金がすごい勢いで減っているのです。なぜなら、一人暮らしを始めたことによって、どっぷりとデリヘルにハマってしまったのです。もちろんそれまでに風俗は利用したことがありましたが、本当にたまに友達とお店に行って遊ぶぐらいで、家にデリヘルを呼ぶなんてことはありませんでした。ただ、今は一人なので、誰に気兼ねすることなくデリヘルを呼べるため、一度利用したらすっかりハマってしまったのです。一人になってまだ3ヶ月ぐらいですが、この3ヶ月間でおよそ100万円ぐらいはデリヘルに使っています。このペースで行くと、貯金が底をつくのが目に見えているため、今後は控えないといけません。


デリヘル嬢とのお遊び

デリヘル嬢と遊んできました。フランクな性格で話していてとても楽しい子でした。普通にこういう友達が欲しいなぁって思いながらおっぱい揉んでた記憶があります。シャワーは嬢の希望に応えて別々で浴びることに。でもシャワー中もお話していました。ちょっと恥ずかしがりやな部分もあるのか、僕がオマ○コをくぱぁすると、「やだぁ、広げないで〜!」って恥ずかしがって手で顔を隠していました。くぱぁ終了後に穴に指を入れてポルチオを責める。Gスポットも敏感だったが、ポルチオはいっそうにリアクションが激しくて、あんあん唸っていました。Gスポットを責めながら舌でクリトリスを弄りノックアウト。今度は僕が責めてもらい、チ○ポを口いっぱいに咥えこんでもらいました。そのままバキュームフェラをしてもらい、恥ずかしながら3分くらいで暴発しました。休憩中にお話ししてて、つい話が盛り上がってしまい残り時間も極わずかになってしまったので、ローション手コキで抜いてもらいました。