>  > 出稼ぎで働く風俗嬢の歴史について

出稼ぎで働く風俗嬢の歴史について

出稼ぎ専門店や出稼ぎで働きに出る女の子が近頃急増していますが、出稼ぎという働き方は今から30年以上も前から業態として存在していたといいます。終戦直後から日本は復興を目標に掲げ、現在の団塊の世代と言われる方たちが日夜必死に働いてくれたお陰で日本は高度経済成長することが出来たのです。ですが、全ての国民が幸せになれたわけではなく、その中でも貧困に苦しむ方も多く経済的に首が回らない家庭も多く有ったようです。その原因として挙げられるのが人口の急増です。日本という国は国土も小さければ資源も乏しい国です。この国に対して当時の人口1億3千万人はキャパシティを大きく超えてしまっている状況でした。人口が多ければ資源を多く使い、住む場所も縮小されてきます。人口密度が増すとそれだけ、場所も物も必要になってきます。ですが日本はそれが間に合わなかったのが貧困層を生んだ要因とも言われています。当時、借金で経済的に首が回らなくなってしまった女性が借金返済で都心や地方の温泉街でソープ店に身請けされるという風習があり、「出稼ぎ」という業態が存在していた。当時の出稼ぎは地方に売り飛ばされるというイメージが非常に強くネガティブな言葉として存在していた。高度経済成長の中では女性がホストや闇金等の怪しい業界に手を出して借金に塗れてしまい、その当時では風営法の取り締まりも緩かったせいもあり、ちょんの間と呼ばれる本番をするお店に身請けされる女性が増えてきたといいます。身請けという言葉自体にそもそも良いイメージがないので出稼ぎという言葉も相当にネガティブな印象が強かったと推測されます。しかし、全員が全員風俗関係の仕事を嫌がっているというわけではありませんでした。もちろん、希望する女性はごくわずかではありましたが、自ら進んでちょんの間で働く女性もおり、短期間で大金を稼げるというメリットを活かして生活していた女性もいるようです。過去の経緯から出稼ぎは良いイメージではなく後ろめたさや嫌悪感のある言葉であり、出稼ぎと言われれば裏風俗店に勤める、または「地方に飛ばされる」「身請けされた」というイメージが強くこびり付いていました。たとえ全うな仕事であっても出稼ぎに来てください、とお店が求人募集で頼んでも、その悪いイメージで断られることがあり、求人スカウトマンですら進んでお勧めをすることが出来ず、そのイメージの悪さは時間が経っても払拭されることはありませんでした。

[ 2016-05-10 ]

カテゴリ: 求人体験談

風俗・デリヘル 出稼ぎでお悩みの女の子が読む求人情報サイト